スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

緊張!上司から文章作成の依頼

上司から文章作成の依頼を受けた時には自分の経験となりますから、断る理由はありません。
もちろん、仕事ですからミスのないようにしっかりとやり遂げてください。
文章作成には書き方がありますのでそれは必ず勉強する必要があります。
独りよがりの文章では、誰も受け入れられません。
その文章が何のために作成しなければならないかを考えてください。
もちろん、わからなければ上司に確認します。
まずは、文章を読む人が誰なのかを考えます。
社内の文書の場合は特定の人やグループの人が読むことでしょう。
そして、読んだ後に何らかの行動を起こします。
例えば企画書であれば、決定権を持つ人に対して認めてもらうことが目的です。
しなしながらその人が納得するような文章の書き方をしているでしょうか。
自分が同じ立場になったと考えて、読んで見ることをおすすめします。
文章作成が得意な人にはたくさんの依頼が来ます。
ただいし会社内では誰でも必要な文章は自分で書くことが求められます。

 

どうしても納得してもらわなければならない文章は書く人が限定されるでしょう。
もちろん、新人のうちは未熟な書き方であっても、経験を積むことによって誰でもうまくなっていきます。
それはどのような書き方をすればいいかがわかってくるからです。
人から依頼された文章を的確に書くことができれば、一人前のビジネスマンと言えるでしょう。
そのためには多くの文章作成を経験して、地道な努力が大事です。
自分が納得できる文章を書いてください。